KitsShino

KitsShino’s blog

日本語英語脳内スイッチ活性化を目指す

世界で最も優れた市長は、カナダにも居る

私の住むBC州総選挙のキャンペーンの真っ最中で、連日、ニュースやCMでの宣伝活動で賑わっているのだが、どの候補者にもイマイチ魅力を感じない。リベラル、NDP、グリーンという3つの党が戦っているのだが、公約もイマイチ、3人の候補者のうち2人とは世間話をする機会が何度かあったのだが、どちらも、残念ながら人の上に立って政を司るタイプの人間という印象は受けなかった。

ところが、お隣のアルバータ州には、将来有望、もっと本物感のある人材が育って来ている。

www.huffingtonpost.ca

以前、職場のロビーに現れた(小さな)お相撲さんサイズの男性、ハンサムじゃないのに二度見するほどチャーミングな笑顔と迫力。すぐに、あぁ、この人が「世界で最も優れた市長」に選ばれたカルガリーの市長だとわかった。とにかく、1度会ったら忘れられない迫力で、オーラも半端ないのに威圧感がなく、笑顔も温かくてフレンドリー(決して、政治家に多い営業用のソレではなく)。あの日、彼を見かけて以来、正直、私の中で気になる存在になり、テレビやニュースで見かけると思わず嬉しくなってしまう。そして、ネガティブなコメントに対してのユーモアのあるあしらい方もお見事!彼のインタビューやツイートの端々に見える天性の頭の良さ、ユーモアのセンスがとてもチャーミング!

このネンシ市長、経歴を見てみるとトロント生まれ、カルガリー育ちだが元々、ご両親はタンザニアから移民したムスリム系。そもそも、カルガリーのあるアルバータ州は、昔からオイルマネーで経済的にも潤い、スタンピード(ロデオ大会)やカウボーイが有名な超白人社会で保守的、国際都市とはかけ離れたイメージ。実際、私も30年近く前にアルバータ州で生活していた当時は、アメリカと違って黒人やヒスパニックが極端に少なく、白人ばかりという印象を受けた(たまには、中国系やネイティブ系の人も見かけたが、非常に稀)。現在では、移民や難民をオープンに受け入れるカナダ政府のおかげで、アルバータ州に移り住むキリスト教信者以外の有色人種も増えて来ているし、移民、難民を親にもつカナダ生まれの子供たちも着実に増えている。そんなカルガリーで、自分のヘリテージをしっかりと守り、(表面には出てこないが、確かに存在する)人種の壁を乗り越えて市民に尊敬され、カルガリーの国際化に貢献し続けているネンシ市長を応援し続けたいし、そんな彼の展望を次世代にしっかりと受け継いで行って欲しいと願っている。

Re-elect Mayor Naheed Nenshi - Calgary, Alberta, Canada

海外へ飛び出すという選択肢は若者だけの特権とは限らない

大雑把なくくりで見ると、私は国際結婚して海外在住なのだが、実家はバンクーバー。何故そうなったかというと、私が結婚した時期と、父親の定年退職後、第二の人生をどう過ごすかという両親の人生の転機が運良く重なり、比較的簡単に(私たち夫婦がスポンサーになって)永住権が取れて私の両親の年金生活がめでたくカナダでスタートしたのが17年前。

最初に、カナダ移住の案が出た時に、私の方から現地の英語学校に通って英語を身につけて自立して欲しいと提案。最初は、様子見のために学生ビザを取って学生生活を始めたのは、大正解!60の手習いで英語力のアップは大して望めなかったが、英語学校の同じようなレベルの友達とブロークンイングリッシュでコミュニケーションを取るうちに度胸とと自信がつき、ソーシャルライフも充実。私の夫も日本語はできないが、持ち前の察しの良さでコミュニケーションもスムーズにできている。

今年75歳と77歳の老夫婦、言葉もよく通じないバンクーバーで、かなり多忙な毎日を過ごしている。父は、8年前から週に2回夜7時から10時まで自宅で無料で日本語を教えている。現在は、4〜5人のレベルの違う生徒が通って来ているので、アシスタントさんや母も駆り出されて真剣に勉強。そのほかに、息子の学校の送迎、そして、健康のために毎日最低1万歩(最近は距離を伸ばしている)歩きながら、あちこちに食料品の買い出し、時間のある時には隣の町の老人ホームに97歳の日系人のおじいさんの話し相手をしに出かけたり、日本語の生徒さんや友達と出かけたりと忙しそうだ。ありがたい事に日本語の上手な生徒さんが、父の病院の予約の付き添いと通訳を快く引き受けてくれたり、検査のためにもらったプリントの翻訳をやってくれるのでとても助かっている。

母は、息子が行っていた日本語幼稚園でボランティアで先生の補助を週に1度やっているが、お楽しみ会、運動会、卒園式などの行事の度に準備があったり、補助が足りない時は週に3回出かけて駆け回っている。そのほかに、日系人のカラオケグループに出かけたり、週に3回は近所のコミュニティセンターで水中エアロビクスをしながら顔なじみの仲間と交流している。そして、iPadで動画を見たり、ブログを読んだり、LINEでイギリスの孫とおしゃべりしたり、ご飯の支度をしたりいつも忙しそうだ。

米ドルが$1=¥170台だった頃アメリカで学生時代を過ごした時、そう簡単に日本とアメリカを行き来することが出来なかった。いくら北米生活が好きでも、病気の時や落ち込んだ時、そしてホリデーには家族が恋しくてホームシックになった経験もしたから、「実家まで徒歩3分」の現在はまさに夢のよう。そして、それぞれが、自分の居場所でのびのびと活躍できるのも、お互いのサポートがあるからで、17年前の決断は間違ってなかったとつくづく感じる。

ちなみに、この「親子スポンサー」という永住権取得方法は、中国人やインド人コミュニティでは非常に多いのだが、日本人コミュニティでは(いないことはないが)まだ珍しい。国際結婚が増えている一方、日本は高齢化社会という現状を考えると(それぞれの家庭の事情もあるかもしれないが)、日本のシニアが海外へ飛び出すという選択肢も意外とアリなのではないだろうか?

10本に1本はお題「公然の秘密・矛盾」

お題「公然の秘密・矛盾」

この2週間、息子の春休みで母親モード全開だったので、子育てとは全く関係のないお題を選んでみた。

 

私の住むバンクーバーの「公然の秘密・矛盾」といえば、公共交通機関、スカイトレイン(電車)の料金システム。

 

1986年に開始したスカイトレインは、東西を走る市民の重要な交通手段。私が、バンクーバーに引っ越してきて、初めてスカイトレインに乗ろうとした時に戸惑ったこと、それは、チケットを買っても改札がないということ!各駅に、チケットの有無をチェックする職員らしき人が、時間によって立っていることもあるし、1年に1回ぐらいランダムに職員が電車に乗り込む光景を見ることもある。もちろん、チケットを持っていない人は、その場で電車を降ろされて、チケットを買わされる。だけど、チェックする人がいない、チケットを持ってようが、いまいが、電車にはちゃんと乗れるというシステムに、バンクーバーの人たちの正直さ、トランスリンク(バス・電車会社)の大らかさ(笑)に驚いたり、呆れたのだった。

 

バンクーバーといえば、カナダの都市の中でも物価が高いことで有名、そして、交通費もコンスタントに値上がりしているのに、スカイトレインだけは、チケットを買わなくても、誰にも咎められない(でも、最悪、見つかってしまったら罰金を払わされるかも?!)というシステムを貫いていた。そんなスカイトレインの料金システムに、大きな改革が起こったのは、スカイトレイン開始から30年後の去年、2016年。日本でいうSUICAのようなCOMPASS CARD普及によって、改札にゲートが設置され、チケットあり、無しエリアの区別がハッキリついた。やっと、電車のシステムが、他の先進国に追いついた感じ。それにしても、30年間、何百人、何千人の悪い奴らがタダ乗りをしてきたのだろうか?一体いくらの損失?なんて、考える私がみみっちいだけ?!

 

そういえば、独身の頃、男友達が初デートの後、相手の女性のことを「言われた事は、きっちり真面目にやるタイプだね。きっとあの子は、スカイトレインにも毎回お金を払って乗ってるよ!」と、ちょっとバカにした感じで言っていた彼も、今はきちんとお金を払ってスカイトレインを利用している事だろう(笑)。

 

このブログを購読 <iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/KitsShino/kitsshino.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

 

 

 

 

ジョークは言葉の壁を越えられる?

タイトルが、陳腐な恋愛映画のパロディみたいになったが、言葉を教えたり、勉強した人なら1度は考えた事があるテーマかな?

 

最近読んで、とても興味深かった記事。

 

 

rosemarybaileybrown.blogspot.ca

この記事で、アメリカ人妻がセルビア人夫が自分のジョークに笑わないのは言葉の壁のせいだとばかり思っていたら、根本的に「何を面白いと感じるかが違っていた!」という衝撃を面白く描いている。このブログのアメリカ人妻、セルビア人夫の様な国際結婚家庭は、巷には非常に多いのだろうと思う。何故なら、ジョークを通訳するのは至難の業!以前、仕事で(英語圏)某政府XYZ首相の通訳をした時、酔っ払って英語でもそんなに面白く無い駄洒落を(恥ずかしくもなく)披露(しやがって)、どうせそのまま訳してもシラけるだろうと咄嗟に判断した私は「今、彼は冗談を言っているので笑ってあげてください」と切り抜けた前科がある。このアメリカ人妻と同じく、実は私自身も自分のユーモアやジョークは面白いと勝手に思い込んでいたが、ある日、どうしても同僚の一人と会話するのが苦痛で、その原因がお互いに、お互いのジョークを理解できない、受け容れられないからだと悟った日から、異文化、異言語、ユーモアの関係性は、私の日々の暮らしとは切っても切り離せないテーマとなっている。

 

基本的にユーモアというのはPuns (駄洒落)、Silly(おチャラケ)、Sarcasm (皮肉)、Wit (機転)が混ざり合ったもの、そしてSex Topic(下ネタ)、Self Deprecating (自虐ネタ)などの変化系がある。これらのさじ加減がそれぞれの持つユーモアのセンスに反映されて、Sarcasmが多ければ多いほど辛口、Sillyが多ければ体当たりギャグ的な笑いになり、Sex Topicが多いとセクハラになりかねないので、ほどほどに(笑)。

 

我が家の共通言語は英語で、息子と私は日本語、夫と息子は英語、文化的には共通文化はカナダだが、夫はカナダとイギリス、私はアメリカと日本、息子はカナダと日本なので微妙にずれていると思いきや、アメリカで活躍するコメディアンの大多数はカナダ人なので夫と私は、ほとんどのところ共有できている。息子は、日本語学校では駄洒落を連発して周囲を笑わせるが、英語だと日本語ほどポンポンとジョークを飛ばせないらしい。しかし、ちょっと辛口で、機転の利いた切り返しは、夫にそっくりな時があるので、ポテンシャルは高いと信じている。いじりキャラといじられキャラの役割分担が、最初からはっきりできていた私と夫は、20年以上もの間、たくさんの笑いを作り出して共有してきた。もしも、ユーモアのセンスに相性というものがあれば、夫婦としての相性は悪くない。

 

 

因みにオススメは、私も夫も辛口スパイスが利いた時事ネタが大好物だが、夫はRick Mercer

http://www.rickmercer.com/ 、私は Jimmy Fallon
http://www.nbc.com/the-tonight-show  (実はルックスも、キャラも、芸風も、声も全てが好み!私のコメディアン・アイドル!)、そして二人ともJames Corden
www.youtube.com
が、気に入っている。そして、私の北米生活は、この番組無しには語れない SNL!(特にWeekend Updates)

 

 

このブログを購読 <iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/KitsShino/kitsshino.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

おだてりゃ木に登るのは豚だけなのか?

現在、息子は春休み中。学期末に貰った通知表で成績も上がり、学習態度に関しては、文句のつけようがない程の高評価!親の私達はもちろん、近所に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんにも沢山褒められて、のんびり好きな事をしながら、春休みを満喫中。ただ、お天気が悪い日は外でサッカーも出来ないので、どうしても、ビデオゲームやタブレットなどのスクリーンタイムがちょっと気になっている。

 

今日は、私が午後から出勤なのでゆっくりしていたら「マミィ、大好きだよ❤️、僕はマミィとダディの子供でラッキーだよ。」なんて甘い言葉にピンと来たので「XBoxやりたいんでしょ?でも、きっと今日は天気が悪くて、お友達ともスクリーンタイムをいっぱいしちゃうから、今はそれ以外の事をしようね。」と言ったら「僕、退屈で、退屈でしょうがない。」とあっさり白状。私は出勤前にあれこれやらなきゃならないし、そこで閃いた一言!「そう言えば、新聞で読んだけど、家のお手伝いする子は、しない子より通知表が良いらしいよ。(本当かよ?)」と呟くと、案の定、ガップリ喰いついて来た息子(笑)。「そうだ、僕はよくお手伝いやったから、通知表が良かったんだ。(いや、それだけじゃないと思うけど)」とテキパキ張り切って掃除機を出して来た。自分の部屋とちょっと凹凸があって、狭い割に面倒臭いバスルームの掃除機がけを鼻歌混じりに時間をかけて丁寧にやってくれたから、褒めて、褒めて褒めまくり、褒めるだけで、家事がサクサク片付くなら、惜しみなく褒める、これ大事!

 

物心ついてからは、ファンタジーよりもドキュメンタリーを好む息子なので、数字のデータやニュースなど信ぴょう性を持つ説得をするととても素直に受け入れる。そういう特徴を掴んでからは、大抵の食わず嫌いや好き嫌いも「サーモンに入ってるDHAという栄養が、脳みそをアップグレードするんだって!」とか「豆腐のタンパク質は筋肉の材料、体を強くするんだって!」なんて言うだけで解消されてしまう、言葉の力は侮れない。だったら、ポジティブな言葉をいっぱいかけてあげたい。

 

余談だが、先週末、スキー旅行へ行ってきた。息子にとっては2度目のスキー。先ず、ブーツをスキーに装着する時点で30分以上かかり、スロープを滑るのは、困難な状況。折角の機会だからと、全然乗り気じゃない息子を説得してスキーのレッスンを受させてみた。スキーを履いて歩けないと涙を浮かべていた息子が、その2時間で、リフトに乗って初心者コースをプルークボーゲン(snow plow)で降りてこられるほどに上達。夫と私は(親子スキーを夢見て)息子の上達を真剣に褒めたが、息子曰く「僕は、スキーが上手にならないよ、だってpassion(情熱)が無いから。」と冷たい返事。

 

何でもかんでも、おだてれば木に登る時期が過ぎ、今までかけてきたポジティブな言葉の力が、息子の成長にどんな影響を与えるのか?又、親の言う事を全部鵜呑みにしない自我の芽生えが、これから来るだろう反抗期と、どうリンクするのか?とても興味深い今日この頃。

 

このブログを購読 <iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/KitsShino/kitsshino.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

 

性教育は最初が肝心

我が家には、もうじき10歳になる息子がいる。好奇心がとても強く、興味を持った事はグイグイ吸収して、自分の知識にしてしまう・・・が、彼の知識欲は、時として親の意図してない方向に広がる場合もある。息子の場合、2歳を過ぎた頃から、医療への全般的な興味が著しく、黄色いひよこのついたスーツケースに大きく(夫が描いた)赤十字のマークを貼り付けて、おもちゃの医療用具を入れてガラガラ引っ張って歩いた。その後、テレビで観たボーダーセキュリティにハマり、麻薬の種類と流通ルートを覚えて誕生日プレゼントには、医療機関専用薬物検査キットをせがまれた。それから、救急隊員、救急救命医となりたい職業は移り変わっているが、立派な医療ヲタクに育って来ている(笑)。

 

そんな息子が、毎年学校で行われる性教育の授業を受けて来た。カナダの性教育は、日本のそれとは違い、男女一緒にボカシ(birds, bees)なくきちんと男性器、女性器の名称を用いて行われる。もちろん、子供の作り方だけではなく、避妊の事だって教わるし、ちゃんとセックスの基本を教わる絶好の機会だった。クラスを終えた後の息子は、周りの大人を捕まえては、セックスに関する質問をするのが楽しそうだった。ただ、息子の理解だと「男女がチョンチョンってやると子供ができる、でも、避妊すると子供はできない」「セックスの目的は快楽と子供を作る事」と単純明快。最初は「マミィとダディもチョンチョンってやったはずだが、Where?When? How long? How many times?」なんて質問にいちいちユーモアを交えて答えながら、チョンチョンしない子作りの話もしてやろうと、ついでにinvitro(試験管)の説明。案の定、興味津々、目はキラキラ。カナダでは、同性婚も多く、息子のお友達にもママが2人の家庭があったり、シングルマザーで出産したりと子供を授かる方法もそれぞれ違う。友人のレズビアン夫婦は片方の卵子と精子銀行で手に入れた精子を掛け合わせて、もう片方のお腹で育てるという方法で子供を授かった例、どうしても子供を欲しくてゲイの男性から精子を提供してもらって産んだシングルマザーの例など多種多様なので性教育も当然、奥が深い。実は、私もゲイカップルから多額の報酬と引き換えに卵子とお腹を貸して欲しいという話を持ちかけられた事が過去にあるが、断ったというちょっとした自慢話にも、息子は真剣に耳を傾けてくれた。

 

知りたいことを一通り聞いたら、息子のセックスへの興味関心も一気に薄れ、ちょっと拍子抜け(笑)。でも、性教育だって最初が肝心・・・これからも、どんどん好奇心を満たして、大きく育って欲しい。

 

このブログを購読 <iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/KitsShino/kitsshino.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

 

 

女子力のダイバーシティ

先日、国際女性デーに因んでSNSや、テレビでも世界中の女性たちが「女性の地位確立、権利向上」など真剣に取り組んでいる姿が見られた。中でも興味深かったのが、選挙期間中から何かと比較されているミシェル・オバマ元大統領夫人とメラニア・トランプ現大統領夫人が、どのように国際女性デーを過ごしたかという記事。ミシェルさんが、ワシントンDCで移民の子供たちが通学する学校に突撃訪問して生徒たちと対話したのに対して、メラニアさんはホワイトハウスで昼食会を催し、平等と自由の大切さについてスピーチをした。

www.washingtonpost.com

www.cnn.com

別に自分のブログで、どっちがどうだと偉そうに言う気はないけれど、この二人ほど「女子力」の使い方が異なると逆に面白くてしょうがない。

 

ミシェルさんが、若い頃は弁護士として仕事をしていたらしいが、もっと興味深いのは学生時代の彼女が社会学とアフリカ系アメリカ人研究をしていたことや自身がアフリカからの奴隷の子孫だと公言して、彼女の活動内容も言動もマイノリティ女性たちのお手本として100点満点に近い存在であると言う立場。影響を受けたり、勇気付けられたりした女性も多いはず。メディアでは、彼女のがっちりした体格や従来の美人とは異なった顔立ちで一部の人種差別主義者から猿呼ばわりされた事だってあるが、彼女の人気が揺るがないのは、目指すはセックスシンボル・・・じゃなくて、もっと別のところだから!多少肩幅があったって、黒人から「黒い」と言われたって、同性に好かれパワフルでユーモラスで逞しいミシェル姐御の株は、そう簡単に下がるものでは無い。

 

そして、美魔女のメラニアさんは恵まれた美貌とスタイルを世界中からの贅沢なファッションや装飾品で飾り、頭の先から足の先まで手入れが行き届いた容姿、大金持ち(後にアメリカ大統領)の夫とハンサムな息子と暮らすペントハウス、一見「女の幸せてんこ盛りライフ」を全て手に入れてる様に見える。その昔、GQ(男性ファッション誌)にヌード写真を載せるほどセクシーな魅力でプレイボーイのトランプさんを魅了しただけではなく、巧みな恋の駆け引きも出来る、ある意味「女のプロ」!彼女のシンデレラストーリーや、美しさに憧れる女子も多い半面、ここまで現実離れした(おまけに夫は世界の嫌われ者街道まっしぐら)彼女のライフスタイルは世界が遠すぎて受け容れられないと言うのが、彼女を支持する同性の少なさにも反映されていると個人的に受け止めている。

 

同じ職務(?)に就きながら、究極に違う女子力を持った2人の女性。女であるという以上にどういう風に女として生きるのか、選択肢が多い分迷いも出てくるだろう。「女はこうあるべき」という古い価値観に囚われず、自分の中の女子力がどの方向に向かっているのか見極め再確認するきっかけとなった国際女性デー。まずは、こだわりを取っ払って、自分らしく生きられたら後に続く世代に選択肢を増やしてあげられたことになるのではないだろうか?

 

このブログを購読 <iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/KitsShino/kitsshino.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>